横浜,東京,埼玉,神奈川の貨物運送業許可取得の横浜の事務所です。

文字の大きさはこちらで
縮小できない場合「Ctrl」+「-」 拡大できない場合「Ctrl」+「+」
 
運送事業について
許可
法令試験
許可取得後

許可取得後

1、(許可取得後) 〜 営業開始まで
許可を取得した後も営業開始まで多くの準備が必要なのが特徴です。

1.運行管理者選任届
各陸運支局宛に届出る必要があります。

2.整備管理者選任届
各陸運支局宛に届出る必要があります。

3.運転者の選任
運転者は、適正試験を受講する必要があります。なお、選任後、運転者台帳を作成する必要はありますが、特別提出する必要はありません。

4.事業ナンバーへ変更
いわゆる緑(青)ナンバーへ変更する必要があります。これは各陸運支局にて行います。
ただ、ナンバーの取替えが必要となるので車両本体を持込む必要があります。

5.その他
事業を行う上で、必要書類を備える必要があります。必要書類は、保管義務が個々にあり、更に未整備の場合は指導等の対象となります。
また、社会保険等の未加入者は加入を、さらに車両の任意保険を事業用に変更する必要があります。
2、営業開始〜
○運輸開始届
運輸開始後、30日以内に届出る必要があります。

○運賃設定届
運賃設定後、30日以内に届出る必要があります。
3、毎年(毎事業年度)行うもの
○事業報告届
決算日より100日以内

○事業実績報告
毎年7月10日まで

 ※申請時にはすでに試験の準備をされていることをおすすめします。
4.その都度行うもの
○変更許可申請
次のように変更/内容に変更がある場合、認可の申請が必要となります。
【認可が必要なもの】
・営業所
・車庫
・休憩睡眠施設
・譲渡/譲受
・合併/分割
・相続

○変更届
次の申請内容を変更する場合、届出が必要となります。
【届出が必要となるもの】
・役員
・住所
・名称
・(事前に行なう必要があるもの)事業用自動車の数

(利用運送事業のみ)
・営業所
・運送事業者
・事業の承継(譲渡/合併/相続/分割)

○廃止/休止届
事業を廃止/休止する場合、届出が必要となります。

当事務所のできること

各届出/許可申請を行っています。
的確に迅速に処理いたします。
賢く事業の変更ができるようにサポートいたします。
例えば、他事業を兼業されている場合などの資格者の配置や、締日や決算日などを考慮した損をしない事業承継のスケジュールなどを、立案・提案させていただきます。
お問い合わせください。電話045−328−1207