東京・埼玉・神奈川の貨物運送業許可取得の横浜の事務所です。

文字の大きさはこちらで
運送事業について
許可
法令試験
許可取得後

運送事業について

このページでは主に『貨物運送業』についてご説明いたします。
1、運送事業の概要
運送事業については『貨物を運送する貨物運送業』と『人間を輸送する旅客運送事業』があります。それらには次のものがあります。
T 貨物運送業・・・
  @ 一般貨物運送業 :様々な荷主からの荷物を扱う場合
  A 特定貨物運送業 :特定の者からの荷物のみを扱う場合
  B 軽貨物運送業   :軽自動車による運送業

U 旅客自動車運送事業・・・
  @ 特定旅客自動車運送事業 :『特定の者』 を 『特定の目的地』へ運送する事業
     例) 駅〜工場への労働者の送迎・自宅〜介護施設間の要介護者の送迎

  A 一般旅客自動車運送事業 :@以外の人を運送する事業。
    1) 一般乗合旅客自動車運送事業 : 例) 路線バス
    2) 一般貸切旅客自動車運送事業 : 例) 貸切バス・観光バス
    3) 一般乗用旅客自動車運送事業 : 例) タクシー・介護タクシー
2、運送事業の業況
貨物運送業について簡素に説明しています。
1) 業者数(1975年度〜2008年度)
 貨物自動車 運送事業者数は1975年度〜2005年度迄で倍増しています。その後2005年度からはほぼ横ばいですが近年わずかながら減少傾向にあります。
業種別に見ると特定貨物事業者数が減少し、一般貨物事業者数は増加からわずかながらの減少に転じ、霊柩運送事業者数は増加しています。
特積貨物事業者数は1975年度〜1999年度まで減少していましたが、2000年度以降は増加に転じています。

2) 売上高等(1993年度〜2010年度6月期まで)
 売上高はこの20年以上減少傾向のまま推移しています。
この過去5年では、2009年の減少率が著しいのが特徴です。
雇用状況については、過去20年で一時は増加傾向でありましたが、やはり俗に言うリーマンショック以降は、他の数値と同じく減少傾向に転じています。